私が恋をしたのは、


キラキラ輝く王子様のような


全く手の届かない存在。


でも、こうしていられるのは


そばにいてくれる“あなた”が


ここにいるから。