千里眼をもつ九尾狐のシアン。

シアンは大事に育てられ、

森から出たことすらなかったのだが、

いつの日からか人間に興味をもつ。


そんなとき

森に迷い込んだ少年と出会う。



「明日もまた、ここに来ていいかな」


「うん、もちろんよ!」



人間の少年、ノエルと
毎日会うようになったシアン。



けれどシアンの森が人間に襲われて…?


「だまっててごめん…俺は」



魔術師×九尾狐のちょっぴり西洋風ファンタジー。



獣と、瞳シリーズ2弾。



(続編ではありませんが
前作を読むとさらに楽しめます^^)

この作品のキーワード
獣耳    魔術師  純愛