残酷すぎた運命で

あたしは出会わなければって後悔した


「好きなのに。大好きなのに。」


「はやく気付いてよ」


そんなの分かってる

だけど、キミは残酷な言葉を残した


”恋なんて終わりがあるんだよ”って.


そのとき、あたしは知ったのです