高校生~奪われし青春~

*****************************

NANASE著

*****************************

[あらすじ]

恐喝し、いじめていた女子生徒を追いかけていた「私」達の目の前で、彼女は車に跳ねられて死んでしまう。驚愕し戸惑う仲間をよそに、「七星」という名の女子高生「私」は、いじめを「素晴らしいフィナーレだった」とうそぶく。実にショッキングな出来事で本作品は始まる。

いじめをし、援助交際で3万円を貰って男とセックスをする七星は、元々は優等生であった。彼女を変えたのは、1年前のレイプ事件であり、七星は誰にもそのことを打ち明けられず、周囲の人々だけではなく自分自身をも傷つけ苦しんでいた。かつての彼氏・一星、親友だった有希、心臓を悪くして入院している母と、七星は深く自分を理解しようとしてくれる人々の愛情を感じながら、どうして自分がレイプされなくてはならなかったのか、何故死を選ばなかったのかともがき、全ての存在に対して虚勢を張って生きていた。

そんなある日、数学教師の神谷に援助交際のことがばれてしまう。彼女と向かい合い必死に理解しようとする神谷を、初めはうっとうしく思う七星だが、いつしかその真っ直ぐに彼女を見つけ続ける姿勢に惹かれるようになる。神谷との交流のなかで少しずつ「レイプされる前の自分」を取戻しつつあったのだが・・・。

*****************************

2012.08.28 更新

デビュー作となります。
活字を読むのが苦手な私でも、すらすら読める作品を作りたくて、書きました。

最後まで読んで頂けると嬉しいです♪

この作品を読むにはパスワードの入力が必要です。


この作品のキーワード
高校生  先生  いじめ  援助交際  青春  禁断  禁断の恋  神様