小学生 人を好きになることを知った

中学生 大切な人とと別れるというつらさを知ったまだ描きかけの青春

 中学校1年高橋 里菜

 今日も私はあなたのために人生を捧げます。

私は自分勝手な私のために、今日も自分という名の殻に閉じこもります。




この話は私の処女作です、そしてこの話はフィクションです。