「……遥さん?」


「え?」


どうやらボーッとしていたらしいあたしの顔を、いつの間にか柊君が覗き込んでいた。


「どうかしましたか?あ、足が痛いとか……」


「そんな訳ないでしょ。いつの話してるのよ。ちょっと考え事してただけよ」


眉を下げる柊君に、思わずプッと吹き出してしまう。


「じゃあ、いいですけど……」


彼は安堵の笑みを浮かべた後、ハッとしたような表情を見せた。


「そうだ、後でアドレス教えて下さい。さっきの展望台での写真、送るんで」


さっきまでの自分(アタシ)なら、『いらない』って言っていたのかもしれないけど…


今は迷う事無く、素直に頷いていた――…。


この作品のキーワード
オトナ女子  アラサー  イケメン  再会  甘々  年下  溺愛  意地悪  強引  一途