少しだけ垂れた黒目がちの瞳に、スッと通った鼻筋。


薄めの唇の先にある、綺麗な顎のライン。


毛先を遊ばせたダークブラウンの髪は、彼が浮かべた笑みのように柔らかそう。


「……えっと、瀬波遥さんですよね?」


呆然としていたあたしは、慌てて首を縦に振る。


「あ、良かった。この人混みだし、会えなかったらどうしようかと思ってたんです」


フワリと微笑んだ顔は、話題のイケメン俳優顔負けのカッコ良さで、益々絶句してしまう。


「そういえば、会うのって3年振りですよね?」


「え……?」


まだ状況を把握出来ないままキョトンとすると、彼がどこか寂しげに微苦笑を零した。


この作品のキーワード
オトナ女子  アラサー  イケメン  再会  甘々  年下  溺愛  意地悪  強引  一途 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。