「え……?」


電話口から聞こえて来た言葉に目を小さく見開いて、一呼吸置いてから口を開く。


「……ごめん、もう一回言ってくれる?」


雑踏のせいで、聞き間違えたのかと思った。


だけど…


「ごめーん!行けなくなっちゃった!」


15年来の親友の坂巻有紀(サカマキユキ)は、さっきと同じようにあっけらかんと言い放った。


「……って言ったんだけど、一応悪いとは思ってるわよ?でも、お義母さんが急に『来る』って言い出したんだもん。そりゃあ、あたしだって温泉でのんびりしたかったけど、嫁は姑の存在を無視して遊びには行けないのよ」


深いため息をついた彼女に、絶句してしまった。


この作品のキーワード
オトナ女子  アラサー  イケメン  再会  甘々  年下  溺愛  意地悪  強引  一途 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。