・・・

手を引いて歩きながら、

抱きしめてしまったことを

少し後悔・・・

・・・

どんどん綺麗になっていく小百美。

いつかは、

どっかの男に連れていかれるのか。

そう思うと、

悲しみがこみ上げた。

・・・

何で、

俺達は兄妹なんだ?

赤の他人なら、

嫌と言うほど好きだと

伝えられるのに・・・

この作品のキーワード
      禁断  キス