「行ってくる」


そう言って出ていく彼は、何度も何度も電話をくれる。


少しずつ、外にも出られるようになった。
近所のスーパーに買い物に行って、夕飯のメニューを考える。


「菜那、外か?」


周囲のざわめきに気がついた翔梧さんが、電話の向こうでそう言う。


「はい。スーパーに」

「そっか」

「夕飯、何がいいですか?」

「そうだな、ハンバーグ」


意外と子どものようなことを言う彼に笑う。


「気を付けて、帰れ」

「はい」


そんな他愛もない会話も、私の心を満たしてくれた。



この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  婚約者  キス  甘々  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。