彼との出会いは、大学のサークルだった。

一つ年上の彼はどこか大人びていて、いつも中心になって活躍する彼は、サークルの中でも人気者だった。


そんな彼に告白されたとき、何も断る理由なんてなくて、二つ返事でOKした私。


付き合い始めてからも、彼はすごく優しくて、常に私の事を気にかけてくれた。
周りの友達からもうらやましいといつも言われるほど、幸せな時間。


彼の隣を歩くようになってから、私は少しくらい辛いことがあったって、乗り越えられるようになった。


そんな風に変えてくれたのは、きっと彼の支えがあったから。



この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  婚約者  キス  甘々  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。