彼と一緒に、家に帰ることにした。

一人で帰るのが辛いあの場所。
彼がいてくれれば、きっと私は、大丈夫。


彼は、休日だというのにきちんとスーツを着て、ネクタイを締めている。

きっとオーダーであろうブリティッシュスタイルの濃紺のスーツは、彼の体にぴったりフィットしていて、少しも無駄がない。


「なんだ?」


私が彼を何気なく見つめていると、彼が私のところまでやってくる。


「そんな物欲しげな目で見つめられると、キスしたくなる」


そんな言葉に驚いていると、クスクス笑いながら、私の頭に手を置く。


「冗談。半分は本気だけど。早く俺に惚れてくれよ?」


そんな風に言われると、昨日交わした熱いキスを思い出して、赤くなってしまう。

間近で感じる彼の鼓動に、ドキドキするのは何故だろう。



この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  婚約者  キス  甘々  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。