彼と過ごす、穏やかな休日。

こんなに、気持ちを開放したのは久しぶりだ。



ずっと部屋に籠って、その片隅で震えていた私。


家族そろって摂ることの多かった朝食も、もはや私には針のむしろだった。

できるだけ早く食べ物を口に押し込んで、その席を立つことしか考えていなかった。
そして、そのあとはトイレに……。

だけど、もうそんな必要なんてない。
私は、一歩を踏み出すんだ。


「菜那の入れたコーヒーは美味い」

「えっ、同じ豆なのに?」


クスクス笑う翔梧さん。
仕事の時の鋭い眼差しとは違う彼は、とても優しい笑顔を見せる。


「菜那が、隣に居るからだな」


そんな甘い言葉を囁きながら、私の手を引っ張ってソファーに座らせる。
彼がこんな風に笑う人だと初めて気が付いた。



この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  婚約者  キス  甘々  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。