やっぱり少ししか食べられない食事。
だけど、彼のおかげで、吐くことを止まれるようになった。

ほんのわずかなそんな進歩も、「それでいい」と言ってくれる彼。



夜、ソファーで寝ると言う私を無理矢理連れ込んだ寝室で、ギュッと抱き留められる。


「強がるな。独りでは眠れないくせに」


そう――。

ずっと、悪夢ばかりで、眠るのが怖かった私。
そして、再び朝がやってくることへの恐怖。

私は、この時間が一番嫌だった。


「心配するな、何もしない。説得力、ないか」


そんなことを口にしながらふっと笑う彼は、私をベッドへ押し込んで、自分も隣に並ぶ。

二人では少し狭いベッドも、彼と一緒だと安心できる場所。



この作品のキーワード
オフィスラブ  切ない  婚約者  キス  甘々  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。