ある所に大地主がおりました。


彼の所有する森の大魔女が亡くなり、


後に残された娘が泣き暮らしていると聞き、


彼は不承不承訪れてみました。


そこで壊れたように泣きじゃくる


黒髪黒目のカラスと呼ばれる娘に、


大地主はこう言い放ちました。


「大魔女が納めてこなかった足りない税金の分、しっかり役に立て。魔女の娘」


    ★  ★  ★

不器用極まりないオトナのはずの男と

同じくらい不器用で純粋な少女の物語です。

この作品のキーワード
ファンタジー  身分差  ツンデレ  じれじれ  切ない  騎士  幻獣  魔女  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。