どこにでもありそうなケータイ小説

それを読んだ人々が次々と死んでいく


主人公の愛理は次第に小説の秘密に迫っていく…!



※この小説は、とある恋愛物のケータイ小説の
ラストシーンから始まりますが、気にせず読み進めていってください。

この作品のキーワード
ホラー  呪い  イケメン  甘々