次の日、レイカが亡くなったと先生が皆に告げた


「クラスで四人目だ。生前彼らから何か聞いていた奴は、
先生に教えてくれ」

連続して起きた生徒の自殺に、学校側も不審を抱いているようだった



愛理は涙が止まらなかった



レイカは犯人じゃなかったのだ



「ごめんレイカ…………」

愛理はつぶやいた


「愛理、大丈夫か?」

そこにはナイトがいた

この春、田舎の村から転校してきたナイトは、
男子で唯一仲がいいクラスメイトだ

「うん、大丈夫…。」

愛理は涙を拭いて言った

「何が起きてるのかはわかんねーけど、
俺が力になれることがあったら言えよ?」

ナイトは愛理に笑いかけた

白い歯が見える


「ありがとう。それなら、相談なんだけど…。」

愛理は打ち明けた