翌日、愛理が登校すると、

驚くべき光景が…目に入った



教室のいたるところに人間が浮いている



それらは全て、愛理のクラスメイト達だった。



首から上に一本の線が…




クラスの皆が教室で首を吊っている!


その光景は、まるで巨大なてるてる坊主が

たくさんぶら下がってるかのようだ



死体の目を見ると、


クレヨンで塗りつぶしたかのように真っ黒だった


白目がない



愛理は吐き気に襲われて、教室を後にした