一週間後の朝、



愛理はフラフラとビルの屋上に向かった




愛理は何が可笑しいのか、
笑ったような顔をしている




「メテケテ………」

愛理はつぶやいた




次の瞬間、



愛理はフワリと飛び降りた