迷った末に、愛理は屋上から飛び降りなかった。



一週間前、クラスのみんなが、ナイトの書いた
呪いのケータイ小説を読んで死んでしまった


愛理もナイトの書いた呪いの遺書を読んだから、
愛理は今日、みんなと同じように死ぬはずだった。



でも、愛理は見せてしまった。



見せてしまったのだ。



クラスのみんなが教室で首を吊って死んでいたあの日、

ナイトから全てを告げられ、

愛理は茫然としていた。




だが、しばらくして、愛理は死体の下にあった全ての遺書を

回収し始めた。



血や排泄物で汚れたものも全て集めた。




そして、一人、職員室へと向かったのだ。