白で揃えられた必要最低限の物も、



本棚で囲まれた研究室も、




反対された研究内容も、





最後に吐いた小さな嘘も、










全ては、君のために。






君がいてくれれば十分だった





目次