「 …ねぇ、」


     「 ………、」


      
      微動だにしない、



     「 ねぇ、アズ、」


     「 っ、」



      ほんの少しぴくんと肩を揺らす、


      でも、相手の視線はゲームの中


     
      名前を呼びながら そっと肩にもたれかかる、



     「 …何、」



      やっとこっち向いた、



     「 んふふ 」


     
      すかさず甘えたように笑っては目を瞑って見せる、



     「 何、」


     
      キツめの口調とゲームを閉じる音が聞こえる、


      ゲームから離れた手が私の肩を抱き寄せれば


      相手の腕の中にすっぽりと収まる、


      体温 鼓動 吐息


      全てに安心する、