水曜。

絢乃は午後から、情報システム部の部会に参加していた。

部会は基本的に1か月に1回のペースで開かれるが、今日は緊急部会だ。

内容は絢乃もある程度予測していた。

───恐らく、雅人が辞めるという件だろう。

そして部会は始まり、雅人の退職の件が発表された。

その瞬間、会議室は水を打ったかのようにシーンとなり、第一の課員達の顔が一気に蒼白となった。

・・・無理もない。

課員達の頭の上にエクトプラズムが漂い始めるのを見ていた絢乃だったが、部長の澤田の言葉に、絢乃も魂を吹き飛ばされた。


「・・・ちなみに北條の後任は加納だ。加納が当面、第一開発課と第二開発課、そして運用課の課長を兼務することになる」


───は?

呆然とした絢乃の視線の先で、澤田は皆の顔を見渡し、続ける。


この作品のキーワード
俺様  イジワル  毒舌  上司  嫉妬  独占欲  男目線  溺愛  大人  狂愛