翌週の月曜。

11:00。

自席の端に置いた携帯が、ピピッという音とともに振動で揺れる。

絢乃は携帯を手に取り、開いた。

・・・卓海からだ。


『12:10 社食の席をとっておくこと』


絢乃は沈鬱な表情で、そのメールをじっと見つめた。

これまでと変わらない指令メールだ。

土曜のことを思い出すとどうしようと思う反面、以前と変わらずメールが来たことに心の隅でほっとする自分がいる。

けれど・・・。


───心が、重い。

これまでは指示されたことを特に深く考えず、『またか』と思いながら淡々とこなしていた。

でも、今は・・・。

絢乃は重いため息をついた。


この作品のキーワード
俺様  イジワル  毒舌  上司  嫉妬  独占欲  男目線  溺愛  大人  狂愛