―――
―――――
――――――――


ネフェルの誕生日を前日に控えた午後。


イシスはネフェルの愛鳥フェニックスが運んできた手紙を見て『オシリス』のエジプト支部、通称『教会』へ向かっていた。


家を出る間際「どこに行くの?」と訊ねる母親に「ちょっと」と簡単に答えると、「浮かれた顔して、デートなのかい?そこらの男に入れ込むよりも宮殿に足を運びなさい」と声を上げていたが無視して家を出た。


―――まさかデートの相手がネフェル王子だと分かったなら大騒ぎだろうな。


両親が仰天する顔を想像し、イシスはクスクス笑った。


メンフィスの町は明日の誕生祭に向けてお祭りムードを漂わせていた。


感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。