さよならが言えなくて
私と君は泣いてばかりだったね