父、宏道は大いに怒っていた。
とある男がはらから(姉妹)について聞いてきたのが、話の始まりだろう。





 その男は、宏道の娘を妻にしたい、そう話した。宏道が詳しく話を聞いていくと、姉妹のうち、妹である若草を垣間見し、それで妻にしたいということだった。

 宏道自身、それは喜ぶべきことだった。

 男は今後期待出来そうな力の持ち主で、父としてみても娘を嫁がせてもよかろう。そう思ったのだ。

 姉妹であるが故に、妹だけではなく、姉も貴方に嫁がせましょうと宏道がいうと、男は頷いた。






 そうして二人の姉妹を嫁がせたのだ。
 もちろん、祝い品を持たせて。





 だが。



この作品のキーワード
平安    貴族  歴史  和風