☆フジファブリックの『若者のすべて』を聴いて溢れ出てきたストーリー。

 歌の世界観と同じ、甘く切ない夏を啓太の思いが駆け抜ける☆




高2の夏 俺に訪れた突然の死

三途の川を渡り、たどり着いた所はあの世の『審査室』

そこにいたのが神さんの息子。

やる気のないそいつが下した『良くも悪くもない』俺の人生



冗談じゃない!!



そんなあってもなくてもよかったような人生で死んでたまるか!!






懇願し勝ち取った『留年』で俺に残された時間は1か月


全力で走り抜ける青春・痛快コメディー






最後の花火が終わるまでに・・・・思いは届くのだろうか・・・。








この作品のキーワード
青春  友情  生きる  恋愛  余命1ヶ月    スタ文大賞3