想いを伝えれば、必ず届く。それに、理解もしてもらえる。

 あんなに抵抗していた真紀は、外に少し連れ出してやると、全てを忘れたように甘え、簡単に妊娠をした。

 そして更に、子供の数が増えるのと同じように、店の数が増えていく。

 4店舗目のマネージャーは当初の予定でもあった、柏木で決定しているので、安心してはいる。

 だが、その他の雑用に追われるせいで、ここ数か月は休みがろくにとれていなかった。

 真紀も同様、一時保育に預けて、息抜きすることができない。

 それでも久しぶりにとれた、ほんの息抜きが畑山と合同になり、それはそれで楽しかったが、真紀に余計な火種を産んでしまったのかもしれなかった。

 同い年の独身女性の自由、というものを真の辺りにしたせいで。

 あの日から、明らかに真紀は変わった。

 今まで関心を持つことを忘れかけていたファッションや化粧に、再び燃え始めた。

 家でジーパンを履かなくなり、ワンピースやスカートを着たり、アクセサリーもつけている。

 受けた影響の大きさに比例するように、今までの大変という気持ちも忘れて、1人で3人子供を抱えて外に出かけるようにもなった。

 ショッピングモールに出かけても、ただ歩くだけで余計大変だろうが、それでも真紀が息抜きできているのなら、何も言わないでおこうと、心を広くしたつもりでそのままにしておいた。

「ここの、ケーキ屋さん。すごく美味しいの」

 午前8時の帰宅早々、まさかと思いつつ出して来たのはやはりケーキであった。朝はたいていお茶漬けなど軽い物に決めているが、それを忘れたらしい。

何気にケーキの箱を見る。飲食業界に参入してから早10年近くになり、その種の情報には敏感な吉住は、ここから一時間近くもかかる店が有名であり、しかも、この付近にも新店が出ることを思い出した。

「こんな遠いところまで行ってきたの?」

「だって、どうせ食べるなら、美味しいケーキがいいなと思って」

 そんな日もあるだろうと、皿にのせてくれたケーキをただ黙って食べる。

「それでね、それでなんだけどぉ……」

 真紀はマニキュアを塗った爪をまっすぐに揃え、おずおずと一枚の紙を出した。

 子供の習い事か、あるいは買い物の類だと思いながら、受け取る。

 最初に目に入ったのは、募集の文字だった。

 パート、募集?

 更に、

「これが、保育園の入園手続きの用紙で……」

 事務的なプリントも4枚ほど出してきた。

「あのね、そこのケーキ屋がうちの近くにもオープンするの。もうすぐなんだけどね、今建ってる途中。で、ケーキ屋のレジくらいならできるかなと思うの! 私でも。
 それでね、保育園は収入に応じてお金が違うからね。それで別に、就労証明とかいらないし」

 真紀はこちらを見てはいないが、口元が緩んでとても楽しそうだ。

 それに対して、ただ広告から目を逸らすことしかできない。

「そこに、時間帯、曜日は相談可って書いてあるから、だから、面接行って、相談してみようと思うの」

「……どんな?」

 吉住はどこも見ずに聞いた。

「週3で、昼間だけってこと……で」

「俺との子供に囲まれて、何が不満なの?」

 真紀を睨みつけて言った。

「…………」

 怖がっている。のは分かっていたが、やめられなかった。

「外には出さないって言ってるでしょ? 何度も言わせないで」

 我慢して、優しく言い聞かせる。

「じゃあ逆に、私が外に出るのどこが不満なの?」

 真紀の顔は真剣だ。

「……子供は親と一緒にいた方が安心だよ」

「自分なんかいっこもみないくせに」

この作品のキーワード
夫婦  妊娠  専業主婦  甘い言葉  言葉責め  焦らし言葉  子育て  束縛  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。