畑山がこの家に来たことは何度もある。数えきれないくらいだ。たが確実に覚えているのは、彼は必ず手土産を持って来たということだ。

 それを忘れた日は、今日以外にない。

「……ごめん……」

 玄関に本当に現れた畑山を見るなり、私は謝った。

「いいよ。とりあえず、修三に電話したんだけど出なかったよ」

 畑山は靴を脱ぐ。私はその様をただじっと見ていた。

「あ、ここで話済まそうか」

 入られては困ると勘違いした畑山は、伺い加減でこちらを見た。

「あっ、ううん。入って。……ごめん、ぼーっとしてた」

 リビングに入り、ソファに腰かけてもらう。

 お茶くらい……という言葉が頭に浮かんだがすぐに消えた。

 立ち上がる気力もない。

 深く、目を閉じる。

 離婚……。

 言葉だけは知っている。たが果たして、今の状態がそれに繋がっていくのかどうかは、全く分からない。

「ちょっと電話かけてくるよ」

 畑山はすぐに立ち上がって部屋の外に出た。

 吉住に電話をかけて、何を言うつもりなのだろう。

「先輩!」

 玄関が開いた音がしたので、畑山が出たのだと思ったら、タイミング悪く、吉住が帰ってきたらしかった。

「いやちょっと、そこまで来たもんでね」

 電話のことは言わないでくれるつもりなのか。畑山は明言を避けた。

「え、どうしたんですか? こんな時間に」

「お前こそどうしたのよ。仕事は?」

「いやそれが、大変なことになりましてね。

……真紀さんは?」

 出て行くべきかどうか、迷う。

「いるよ。リビングに。まあなんだし、お茶でもしてから帰るわ」

「いや……すみません、今ちょっと、取り込んでて……」

 吉住の沈んだ声が聞こえる。

「知ってるよ。今偶然聞いた。まあ、少し話そうよ。俺がいたら話しづらいかもしんないけど、間に入った方がよさそうだし」

「…………、真紀さんが呼んだんですか?」

この作品のキーワード
夫婦  妊娠  専業主婦  甘い言葉  言葉責め  焦らし言葉  子育て  束縛  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。