★★★★★
これはイイね!


これからはじめたいひとへ

あるいは
はじめたけれど
進めないひとへ

優しいエールが
ギュギュッとつまって
あったかいです


『読者さんが変に感じなくても、自分は知ってます。書き手がどこで手を抜いたか、を。』

そしていつか
目が肥えると
読者にさえも見えてます

書き手が
ノリノリで書いたか

迷いながら書いたか

逃げてしまったか、も


文章は
書き手の心がなければ
つまらないもの

気持ちで突っ走る作品は
読み手に元気をくれます


ケータイ小説
ならでは、のね


叶 遥斗
14/03/09 20:02

>>新着レビュー一覧へ