叩いたのは私なのに、


私の手はじんじんいって痛かった。





「なっ…!?何すんのよ!!」



唯さんは片方の頬を赤くさせて叫んだ。

私もそれに負けないように大きな声で叫んだ。



「それは…こっちのセリフよ!?


あんた、こんなことしてまで続けるつもり!?
バカ言わないで!!!
あんたのした行為は逆よ!!

あなたは手に入れたい一心だっただろうけど…

逆効果よ…、っ…。


また白を突き飛ばしたのよ!!!」



「っ…!!」



「反省して…改めてよ…。

あなた…間違ってる…!」



私は渾身の力で唯さんに言いつけた。


「ふっ…うっ…、ごめ…、ごめんなさい…。」



唯さんは救急車が来るまで謝り続けた___…。



白は、救急車に運ばれ、緊急手術となって連れて行かれた。



唯さんも、警察が駆けつけ、殺人未遂、殺傷罪として連れて行かれた。



その時に、私たちに、大粒の涙を流しながら、



「本当に…っごめんなさい…。」


といって深々と頭を下げ、その場を去った。






もう…、


色んな痛みがグチャグチャに混ざりあって…


壊れそうだよ…。