その気配の人は、30歳から40歳と言ったところだろうか…?



すらっとした体に、清楚な服を身にまとっていた女性だった。


その女性にほぼ全く老けた様子は見られなく、とても綺麗な茶髪を持っていた人だった。



その人は私を見るなり、私の両肩を掴み揺さぶってきた。



「白は…!?白はどうなってるの!?」



ガクンガクンと私の体ごと揺らされる。



私は驚きが大きくて多くのことを分からなかった。


ただ、分かったのは…



もしかして……




「白の…お母さん…?」