「別れよう」
嫌。
本当はそう言いたかった。
でも、最後まで我儘じゃダメだよね。
そう思った。
「うん…今までありがとう」
「俺も…今までありがとう」
これでいいんだよ。
これで。
彼は私を抱きしめた。
今までに感じたことのない温もり。
この温もりを離したくない。
私のすべては貴方一色だったね。
「ごめん…ね?」
私の頬に涙が伝う。
「泣くなよ。恋が終わっただけなんだから」
「うん…グスン」
「思い出になるには時間がかかるかもしれないけどさぁ…侑香里ならすぐに素敵な彼氏でも見つかるよ」
「…ヒッ…グスン」
「じゃあ最後に約束して?時々で良いから俺の事思い出して?」
「…うん…ヒッ」
そう言い残して彼は去ってしまった…。
まだ約束の意味が分かっていない。
なんで彼があんなこと言ったのか…。



―ジリジリジリジリ。
「んーっ」
目が覚めた。
「なんだ…夢かぁ…」
最近同じ夢ばっかり見ている。
彼と別れたのは小学校に入ると同時に別れた。
現在私は高校二年生だからちょうど九年前ぐらいかな?
幼稚園のことだからかもしれないけど…。
私は彼の名前が思い出せない。
あんなに愛してたのに…。

彼は家の事情で上京した。
今はどこにいるのか連絡を取り合ってないから分からないけど。
どこに居るのかなぁ…。