「では、次の問題を横井くん」



先生はボクのことをいつも横井くんと呼ぶ。


それが嫌で嫌で仕方なかった。




「純くん、指されてるよ」



隣の席の香川さんもボクのことを純くんと呼ぶ。


これも嫌で嫌で仕方がない。




ボクの名前は横井純。


高校2年で、性別は女だ。


ボクは自分のことを「ボク」と言う。


短髪で、スポーツが得意で、何より見た目が男っぽいのだ。


それに名前も男っぽからよく間違えられる。


でも、ボクは「横井くん」でも「純くん」でもない。




男の子じゃないんだから、君付けで呼ばれるのは嫌だ。


だから、絶対に返事なんてしてやらない。




「………」



ふーんとペンをくるくる回しながら、絶対に前を見ない。