「んっ?んんっ………。」

私は、重たい頭を持ち上げた…。

「ここは?」

見慣れた天井,見慣れたベッド。

ここは、王城?

何があったのかしら……。

あっ!!

そうそう。私は、湖に落とされたんだわ

おもいだしたわ…。

「アリシア…?」

「ラルフ様…。」

「アリシア、起きたんだね…。」

ラルフは、ニコって笑い安堵の表情を見せた。

この作品のキーワード
  王子  身分違い  甘い  偽装結婚   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。