僕は、彼女の幼馴染兼侍女に連れられ、アリシアの見えない木の影にいた。

レイという彼女は、どういうつもりで…?

「アリシア様には、何も言わないでください。」

やっと口を開いた彼女の第一声は、これだった。

「なぜだ?アリシアの正体が分かったのだぞ!!なぜ言ってはならない!!」

レイは、半ば泣きそうな顔をしている。

「姫様は、記憶を自らしまい込んでいらっしゃるのです。」

そうして、彼女から聞いた。アリシアの過去を…。記憶を。

この作品のキーワード
  王子  身分違い  甘い  偽装結婚   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。