初めて人を好きになったのは、高校2年生の春だった。




「愛海、帰ろう!」



「ちょっと待って」





小学校から高校までずっと一緒の幼馴染の圭吾と、帰るのが日課だった私。



小学校からの癖で、高校生になってもこんな日々だった。




『もう付き合っちゃいなよ』


『てか、もう付き合ってんじゃね?』




とか、色々な声が聞こえてくる。




「愛海は、ただの幼馴染だっつーの!」




そんな声を一喝する圭吾。




私も圭吾を、幼馴染以外に思ったことはない。


それ以下もそれ以上もない。



だから、圭吾も同じだと思っていた。





この作品のキーワード
冷たい  すれ違い  同級生  結婚  一途