突然のことに、思考がついていけなかった。



だって、輝が急に私を抱きしめたのだ。




流れていた涙も止まるくらい驚いてる私は、本当に情けないと思う。




輝から伝わる体温が心地よくて、気持ちも不思議と静まっていく。




些細な場面で、本当に輝の事が大好きなんだって実感するんだ。



こんなに好きなの、輝には伝わってるのかな?




抱きしめてくれたってことは、まだ嫌われてないって思ってもいい?

この作品のキーワード
冷たい  すれ違い  同級生  結婚  一途