「なんだかスッキリしちゃった」

 玄関に置かれた千絵のスーツケースを横目に、

 貴代も千絵の言葉に頷いた。

 
  あれから千絵の体は貴代の部屋の中で突然消滅してしまったが、

 一週間後の今日、貴代の部屋を訪れた千絵。

 その姿は正真正銘の人の姿。

 貴代もあれから佳祐とはきっぱり別れた。

 千絵を知ってから佳祐の存在は貴代の中で
 
 つまらないものになっていた。

 他にも愛人のいっぱいいる男。

 そのイメージが位置づけられ、ただのスケベな親父にしか見えなくなっていた。