あの時、俺が少しでも遅かったら


バスは出て行ってた





あの日、俺が寝過ごしてなかったら


お前に会うことはなかった




これからの俺の人生を作り上げていくものが


なくなってしまうところだったんだ




――― 時間 ―――。




それは、すごく儚いもの


1分1秒前が過去であって

1分1秒後が未来



この時が止まってほしいと願っても


決して叶うことはない




なんて儚くて、残酷なんだろうか




なぁ、未那。


お前は本当に・・・俺を愛してくれるのか?



俺はお前に






手が届くのだろうか―――。



☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

2013.2.14  完結しました

pv数、ただいま、7000pvを突破中!
本当に泣きます!ありがとうございます!


★〜〜〜〜〜★
★永瑠さん、rokonaさん素敵なレビューを
ありがとうございました★

多くの感想をくださった皆様にも
感謝しきれないほどに感謝しています!


27・229ページに歌詞掲載
(とある曲の歌詞をアレンジしてあります)

この作品のキーワード
  高校生  恋愛