8年という年月は

まだ未熟な私には
長すぎました


いつかこの詞が

歌となることを願います

この作品のキーワード
片想い  別れ