「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

あ、しょっぱなから叫び声ですみません

でも、叫ばずにはいられないでしょ!!

じゃ、もう一度!せぇーの!

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

「・・・・うるさい」

「スミマセン」

お母さんの鬼っ!!

「なんか言った?(黒笑)」

「滅相もない!!」

でゎ、何で叫んだかをお教えしよう!

さかのぼること約20分前

ピピピッピピピッピピピピピピピッ・・・・ガシャッ

ふぁぁぁぁぁぁ・・・・

みなさん、おはようございます

・・・・ん?

「ゲッ!」

・・・・なんでもありませんわぁ!

おほほほほ

67個目の目覚まし時計をぶっ壊したなんてこと

ありませんわ☆

さ、下へ行きましょう☆

ガチャ・・・・ドンっ

「・・・・・ぐっ」

「瑞樹~!!おはよぉ!!おはようのチューは?」

「春にぃ、離せ」

ドアを開けた瞬間、春にぃが抱きついてきた

「やぁだ☆」

「は・な・せ!って言ってるのが聞こえないのかなぁ?」

「ひぃ!すいませんでしたぁぁぁ」