輝姫とは中学からの友人で

同じ高校に進学した。




輝姫、と書いて
「きらり」と読む。


高校2年生の私たちより
下の年代の子供に多い感じの名前である。



「輝かしい人生を歩む非の打ち所の無い特別な女性に育つように――

って、うちの親が付けてくれたの。


見栄えの事しか考えてないその辺のキラキラネームとは一緒にしないで」

と、輝姫が以前言っていた。




何がどうなって「輝」と「姫」で「きらり」と読めるようになるのか

そんな事はここではどうでも良いのだが、輝姫が名前に込められた願い通りの人間である事は間違い無かった。