俺の腕の中で眠る彩の寝顔を見つめる。



彩。



俺の可愛い彩。



彩のすべてが愛しい。



誰にも渡さないし、他の男には指一本触れさせない。



自分がこんなに一人の人を深く愛せるなんて、彩に再会するまで、彩と一つになるまで思いもしなかった。



あまりに可愛過ぎて、つい苛めてしまってごめん。



それでも俺の不器用で歪んだ愛に、懸命に応えてくれる彩が健気で愛しい。





この作品のキーワード
誘惑  腹黒  嫉妬  甘々  男目線  飛悠  溺愛  年下  イジワル  元カレ