僕が見ているこの空は


あの頃と


何ひとつ変わっていない。


なのに


流れる雲も、

透き通るような青も、



何故か

色あせて見える。



それはきっと、


僕の隣に


君がいないから。




【空と君と僕。】

この作品のキーワード
  幼なじみ  再会