私は、この際、自分の気持ちを
言ってから、別れようか…
迷っていた。

でも、キスしてた所、
みたら要約、決心がついた。


考え事をしつつ
ここでいいかと、掴んでた腕を
離す。

息をすぅっと吐いて…


「私は連君の事、好きだよ?
でも、連君の気持ちが、わからない。
この曖昧な関係はつらいんだ。
だから、別れよう」


別れの台詞考えてたのに
いざとなったら、でてきた言葉が
これだった。


それを聞いた後、連君は
なぜか表情が曇り悲しそうな
顔をする。


なんで、悲しそうな顔するの?

嬉しいはずでしょ?


「俺もななの…ー」

何かいいかけてたけど、
聞きたくなくて、「さよなら」と
言葉を遮って、その場から
走り出した。



この作品のキーワード
すれ違い  好き  初恋  冷たい  イケメン  切ない