初めて本気で試みた恋愛小説です。陰陽で言うなら明るい感じの内容ではなく、切ない感じの小説になりました。自分の小説に共感を得る事が出来るかは、天命に委ねます♪