コケコッコー…


家政婦の朝は早い!!


私はシンに言われた通り、裏庭へと急ぐ。


裏庭の養鶏場で飼育されている鶏の朝一番の産みたて卵を手に入れにいく。



「昨日は眠れた?」


「なかなか寝付けなくて…結生も起きて、頑張っていました」


「そ、そう」


シンの顔が赤く染まっていく。


私…変なコト言ったかな?



「あれが、養鶏場」


家の中に鶏小屋があるなんて…


シンと一緒に、養鶏場に入って、卵を探す。


「あった…」


卵は産みたてだから、人肌くらいのぬくもりを持つ。


この作品のキーワード
政略結婚  社長  イケメン  浮気  俺様  身代わり  逆ハーレム  アイドル  ツンデレ  家族 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。