6年前・・・。私たちが高校入学したての時・・・。

『これで入学式を終わりたいと思います。』

  クラスに戻った私は、
 知り合いがいない周りを見渡して、
 1人・・・ため息をついた。

「あ・・・桜。綺麗ー。」

  偶然窓側だったので、
 窓の外を見ると、綺麗な桜の花ビラが
 サァ――――――――っと、散っていた。
 
「…ぃ…ぉい…おぉいっ!」

「うわぁぁっ!?」

  ボーっとしてたので
 誰かから呼ばれてたことをすっかり忘れていた。
 そして、呼ばれた方向に顔を向けると…。

「はじめましてっ。名前教えてほしいな。」

  私に話しかけてきたのは
 クリクリの目に、赤っぽい髪の毛、
 ぷっくりとした唇で、
 いかにも可愛らしい女の子。

「あ…沙羅っていいます。」

「沙羅ねっ!あたしは杏。呼び捨てでいいからっ!!」

「うん、よろしく。」